あの「中古車を売る時の残債」のいろいろ

車の買取専業店に査定をしてもらったものの、残債を払いきっていない場合も考えられます。そうした時には、売却予定のくるまの持ち主が自分自身なのか他の人であるのかどうかとにもかくにも確認することが必要です。

実際のところ、所有者についてどこを確認したら良いのかというと、自動車検査証に記載されている名前の方が自動車の権利者という訳です。

くるまを買ったときに銀行が提供している自動車ローンを組まれた場合は、こちらの「車検証」に記載されている氏名がご自身のお名前となっていますが、自動車ローンを組まれたのが信販系の会社であった場合は名前がそちらの名前になっております。クレジット会社で割賦契約を組む場合何故こんな風に信販会社を所有権者として登録してるのかと言えば、その答えとしては返済が滞ったりしたら、スグにクルマを差し押さえて確保することを考えているからです。

そういった理由から所有者名義がクレジット会社となっている際はその車を好きなように売却することはできません。何が何でも売ってしまいたいならとりあえず残債を残らず終わらせるか、ローンの設定し直しをすることでオーナーをアナタの名前に変えてから手放すことが求められます。しかし、実際にこのような事が可能なのはその時点で手持ちのお金が沢山ある時に限られてしまいます。であるならば、キャッシュが無い場合はどういった方法を取るのがいいのでしょうか。

そういったケースでは査定を行ってくださった自動車買取り業者にご相談いただけると、くるまの売却額から残りの返済分を賄い、オーナーをご自身のお名前に直していただくことができます。手続きもすべて買取店にオマカセ可能ですから心配いりません。