お待ちかね、中古車売却と残債のいろいろ

お車の買い取りのお店に見積もり査定をオーダーしたものの、分割金を払いきっていない場合も無くはないでしょう。このような時は、売却予定の車の権利がご本人であるのか別の人なのかどうかまずチェックしておくことが必要となります。

実際、所有者が誰かについてどれを確認したら良いのかというと、「車検証」に書かれているお名前の人がお車の権利者となるのです。

クルマを買った時点で銀行などの分割払いを設定したケースでは、この「自動車検査証」に記載されている氏名が自分のお名前となっていますが、割賦払いを組んだのが信販系の会社だった場合だと氏名がその会社の記載となっております。信販系でローンを組む場合になぜこのように信販系の会社を所有権者として登録しているのかと言いますと、回答としては支払いが滞った時に、速攻でクルマを差し押さえて確保するためです。

そうした事情から所有名義が信販会社にある場合はその所有車を好き勝手に売却することは無理なことです。それであっても売ってしまいたいなら残債を全て終了させるか分割払いの組み替えをして所有権をご本人に変更した後で手続きすることが必要です。そうはいっても現実にこんなことが可能なのがその時の手持ちの資金が豊富にある時という事に限定されます。それではキャッシュがあまりない場合はどうしたらいいのでしょうか。

こんな時には評定を行って下さった愛車買取店に話してもらえると、マイカーの売却の金額から残債の支払いの分を返済し、所有権者を貴方自身の名前に変更して頂くことができるというワケです。手続きの方も全てにおいて買い取りのお店に任せることができますので安心です。