お待ちかね、中古車査定と事故歴ってどうでしょう

クルマ引受けをお願いしたさいは、一番初めに査定を受けることになります。そうした時の値踏みについては買取専業店の方が行い、車マーケットの相場などから算定されることになります。

一般的にユーズドカーということで売り出されている値段の2~3割位が買取り価格とされているようですが、売れ筋の車種であったり、珍しいクルマ等の時には高い見積額がでるなどのケースもあるでしょう。それと、製造年は新しければ新しいほど高く売れます。一方、こういった買取額はマイカーがパーフェクトな状態のケースであり、そうではない場合には低い査定となります。特に修理の跡等は査定に大きく関係してきます。

修理歴というのも定義が曖昧ですが、基本的に車の基礎であるフレームの方にまで跡を残すような事故を起こしたくるまは事故車となってしまいます。そのような事故車はいつか何かしらの悪影響が出てくる危険があるので、買取プライスについては悪材料となってしまいます。他方、フレームの方には影響が及ばず、外装を直したぐらいだったらならないのですが、しかし修理歴が付くことになります。

モチロン修理歴が付くので負の被害は有るわけですが、事故車よりも低く査定されることは無いでしょう。その他、エンジンや変速機などにアクシデントが出ている時にもマイナスに見られますし、常日頃の点検整備の状態が買取金額に影響してきます。

その辺りはシロウトには見分けはつかないのですが、鑑定をする買い取りの専業店としてはシッカリそのあたりも見てきます。

どちらのケースでも修理歴はないということが古くなった愛車の買取の値段がアップできるかどうかの分かれ目となってきます。