きましたね中古車査定の感想、所感

マイカーの下取や買取の時にはなにはともあれ査定をしてもらう事でしょう。この査定とはお客さんから下取りや買取する際にフェアな鑑定をするための作業であり、そのためにはいろいろな方から認識されかつ認められた進め方をしないと良くないのです。

ただし、ユーザー側からしたら鑑定がどうやってされているのかはっきりとは把握していなかったり、適正な段取りで調査されているのかは案外知ることが困難なものです。ではありますが審査というものは愛車の価格を確定させる大変大事な過程なので、考えや方法にさまざまなものがあると世間がパニックとなる要因ともなるのです。

そうした混乱を生じさせないためにも日本自動車査定協会という機関が存在し、「中古自動車査定制度」を制定しているのです。「日本自動車査定協会」はしっかりとした値踏みが行われるように動いている協会であり、お客さんが信頼して見積に出せて、そして納得のいく制度作りの務めをしています。

具体的な活動の内容は、例を挙げるとキチンとした査定士を育てるために資格試験を実施しており、査定協会が実行している学科及び実技の研修を受け、そして査定士技能検定試験という試験にクリアすることで一定の技能を持つ査定士としての資格がもらえます。さらに査定士として活躍するのには協会への登録を済ませてからになり、しっかりとした心得や決まり事をもって我々の車の評価をします。

要するにきちんとした査定のための資格を保持している人間が査定をしますので、ユーザーも不安な思いをせずに下取りや買取に持っていくことが出来るわけなのです。