これがローンが残っている車の売却のことを考えてみた

自動車の買取ショップに審査をお願いしたものの、支払いを残したままであるということもあり得ます。そんなケースでは、売却予定の愛車の所有権がご本人であるのか別な方なのかどうかについてともあれ見ておく必要があります。

実際に、所有者が誰かについて何を見れば分かるのかと言えば、「車検証」に記載されている氏名が自動車の所有者となるのです。

お車を買った時点で銀行などの自動車ローンを設定した際は、こちらの自動車検査証に記載されているお名前が自分自身の名前になってるはずですが、ローン支払いを組んだのがクレジット系の会社だった場合は氏名がそちらの記載になる筈です。クレジット会社で分割払いを組む場合なぜこういった形でその会社を所有権者として登録してるのかと言えば、その理由は返済が滞納されたときに、即自動車を担保として確保できるようにするためです。

このような理由で所有者名義がクレジット会社となっている際はそちらの所有車を自分勝手に売ることはできないのです。どうあれ売却したいのであればとりあえずローンをすべて返済するか支払いローンの組み替えをすることで所有権をあなたの名前に変えた後で手続きする必要性が出てきます。とはいっても実際問題こういった手続きが可能なのは現在手持ちの現金がとても多い時という事になってしまいます。では現金があまりない方はどのようにするのが良いのでしょうか。

そういった際は鑑定を行って頂いたクルマ買取ショップに相談すれば、くるまの買値から残りの返済分を賄い、持ち主をご自身の名前に直してもらうことができるという訳です。手続きの方も完全に買い取りのお店にオマカセ可能ですから大丈夫です。