これこそ日本自動車査定協会という機関について思うこと

古い車の買い取りや下取りの時には、なにはともあれ査定をさせて頂きます。この場合の査定とは、お客様から下取りや買取する際に冷静な評価をするための工程であり、そのためにはたくさんの人から了承され、さらに承諾された段取りでないとまずいのです。とはいえ、お客様側から見るのであれば、見積がどんな具合に実施されているのかきちんと知らなかったり、フェアなやり方で作業されているのかはなかなか分かっておくことが困難なものです。しかしながら査定というのはユースドカーの値打ちを決めてしまうとっても重大な過程ですので、方法や考えに色々なものがあると社会の混乱の理由にもなるのです。

そうした騒ぎを起こさないためにも日本自動車査定協会と呼ばれる機関があり、中古自動車査定制度を用意してる訳です。

日本自動車査定協会とは、厳正な鑑定が行われるように取り組んでいる機関であり、我々が信頼して値踏みに提出でき、そして喜べるようなシステムを構築する動きをしています。

具体的な活動内容としては、例えばキチンとした査定士を増やす為の検定を実行しており、査定協会が実行している学科及び技能研修を受けてもらい、その後査定士技能検定試験という試験に受かることで一定の技能を持つ査定士としての資格が付与されます。そして査定士として活躍するのには教会へ登録することが必要となり、まっとうな基礎的なものや義務でもって消費者の所有車の審査をするのです。要するにきちんとした査定を出すための資格を有している者が鑑定をやりますので、客側も安堵して買い取りまたは下取に車を出すことができるのです。