ついにきた、ローン中の車売却について思うこと

車の買い取り専門店に値踏みをして頂いたのはいいけど、残債を払いきれていないケースもあり得ます。そうした時は、買取りしてほしい中古車の所有がアナタ自身なのか別の方であるのかをまずはチェックすることが求められます。

実際、所有者が誰かについてなにを確認すると分かるかというと、「車検証」に記載されている氏名が愛車の所有者ということになります。

クルマを購入するときに銀行等が提供するローン支払いを設定したケースでは、こちらの自動車検査証に載っている名前がご自身のお名前になっている訳ですが、自動車ローンを設定したのがクレジット系の会社である時にはお名前がそこの記載となっております。信販会社でローンを組む場合にどういう理由でこのような形で信販会社を所有権者として登録してるのかと言えば、その答えは月賦が滞ったりしたら、すぐにくるまを差し押さえて確保できるようにするためです。

そうした理由で所有権がクレジット会社にある時にはその所有車を好きなように売る事は不可能です。とにかく売ってしまいたいならまずは残債を完全に終わりにするか割賦契約の設定し直しをすることで所有権を貴方の名前に変更した上で売り払うことが求められます。そうはいっても現実にそういったことが可能なのが今現在お手持ちのお金がたくさんあるケースに限られてしまいます。ではキャッシュがないケースではどうすることが望ましいでしょう。

こうした際は査定をやっていただいた中古車買い取り専門店に話してもらえると、自動車の買取金額から残りの返済分を完済させ、所有者をご本人の氏名に変えていただくことができます。手続きの方も全てを買取店にお任せできるので心配ないです。