今回「中古車売買」について思うこと

車の売買の時は最初にそのクルマの審査をおこないます。その車と年式とで基となる標準時の値段の目安をつかんでおきます。これよりその上を行くほどコンディションが悪いのであれば、査定金額を減らしていくなどの順序で行われていくわけです。

標準時の価格に関しては中古車ショップの方で基準となる金額というものを保持しています。これは業者間でのみ回されているもので、その額面は車の型式や年式から残されているものです。とはいえ、あくまでこの額面は基準の数値であり、それ以上の意味はございません。プラスして、その値段よりも高額で買取を行ったりまたは安値で買いたたかれたりする事だってどうしても出てくるのです。

お店の立場としては出来るだけ安い金額で引き取りたいですから、お店にもよりますが基本的な買い取りの価格を提示したうえで、それ以上に低い金額の方へ話を持っていこうとします。こちらの気持ちとしてはいくらかでも高値で売りたいわけで、この場合はイッキに話を振るのがいいと思います。または、買取についてプライスが折り合わなかった際は一度保留し、そこで話をストップしておきます。その上でほかのお店とネゴシエーションやっていくのです。

例えばここでプライス的により高値が付いてうなずけるものだったら、前の業者との駆け引きは決裂したとしても問題ないはずです。結局、売りたい方が満足がいくように話を進めていけば良いという訳なのです。一番気を付けてほしいのは、急いで売却金額を決めてしまって、後で悔やんでしまうことです。売却額はとにかく強気に押し出していく方が心残りはないでしょう。