今回は中古車査定と事故車とのことだけどどうなんでしょう

ユースドカー買い取りをお願いした時は、一番初めに値踏みを受けることとなります。その時の見積もりは買い取り専門店の方がおこない、車マーケットの相場等から算定されることになります。

一般的にユースドカーということで売り出されている値段の2~3割くらいが買取プライスと言われているようですが、評判の車であったり、希少価値のある車などの際には高い見積額がつくなどの場合もあるみたいです。ほかにも、製造年が新しい方が高額となります。一方でそうした買取り価格はクルマが完全な状態の場合であって、万全じゃないケースだと低い査定となります。中でも事故車等は見積金額に大きく響きます。

事故車といっても定義は微妙なところですが、基本的にくるまの基礎であるフレームにまで及ぶような事故を経験した車両はこれに当てはまります。こういった事故歴のあるくるまはあとからなんらかの悪影響が出てくる危険が有るため、見積価格については短所になるのです。一方で、フレームの部分にまで影響が及ばず、外側を手直ししたぐらいなら問題ありませんが、でも修理歴は付きます。

勿論、修復歴が付きますので負の被害は有りますが、事故車よりも査定が低くなることは無いでしょう。それと、エンジンやギアなどにトラブルが発生しているときにもマイナスという事で見られますし、常日頃の維持管理の状況が買取価格に影響されます。

この辺は我々にはちんぷんかんぷんですが、値踏みをしている買取専門ショップではちゃんと状態を見てくるでしょう。

どっちにしても修復歴が存在しないことがお車見積価格が上げられるかどうかのポイントになります。