今日は車売却とリサイクル料について調べてみた

中古車を売り払う際の手段には下取り、そして買い取りの2つがあります。下取りの場合というのはおニューの自動車をゲットする際一緒にこれ迄のマイカーを買い受けして貰うというものです。たいがいは新車の販売店が引受けをするので売値はどちらかというと低く見られるケースが多いです。

もう一方の買取のほうはマイカー買取専門ショップがおこなっており、中古車という名目で販売することを前提として引受プライスを決めるため、やや高値の引受が望めます。何れにしてもユーズドカーを売る事であり、売却をする前に引受価格を決定するための査定がおこなわれることとなります。

査定をしてもらう時に気になるのはリサイクル料です。クルマ査定で出してもらう価格というのは車本体のプライス、ユースドカーについてくる自賠責保険やリサイクル料などを入れた値段の二種類が御座います。リサイクル料に関しては自動車を手に入れた場合、もしくは「リサイクル料」が払われてなかった場合には車検を通したケースで支払いになりますので、将来的にユースドカーを廃車として解体する際に必要となるフロン類、シュレッダーダスト、エアバッグ類などリサイクルする時の代金という名目で使用されます。「リサイクル料」は自動車リサイクルシステム(JARS)に預け入れることになり、解体するケースでJARSから支払われるということになります。

費用はだいたい、軽だと8000円くらい、国産車で1万円位、外国製自動車等で15000円位、それとは別に2万円程度をいれる必要性があります。大体の自家用車買取りでは、こうしたリサイクル料金をマイカーの引受額とは別で買取られるというような事になるのですが、リサイクル代金を入れて買い取り値段としてる場合もあり、引き受けを望んでいるさいにはあらかじめ確認しておくのが大切なこととなります。