改めて中古車を売る時の残債に関して

車の買取専業店に査定を依頼したはいいけど、割賦払いを残したままであることもあるでしょう。こうしたケースでは、売ろうとする車の権利がご本人なのか他の方であるのかどうかとにもかくにもチェックする必要性があるのです。

実際のところ、持ち主については何を見ると分かるのかと言えば、「自動車検査証」に記載されている名前の方がくるまの所有者となります。

マイカーを購入した時に銀行が提供しているローンを組まれた時には、こちらの車検証に記載されている氏名がご本人の氏名になってるはずですが、割賦払いを設定されたのが信販系の会社である場合はお名前がその信販会社の記載になっています。信販系で割賦契約を組む場合どうしてこんな風にクレジット会社をオーナーとして記載しているかと言えば、その理由は毎月の支払いが滞納されたときに、すぐに自動車を担保という形で確保することを考えている為です。

このような理由によって持ち主名義が信販会社になっているケースではそちらの所有車を勝手に売る事はできないのです。どうあっても売りたいならまずローンを残らず終わらせるか、分割払いの組み換えによって所有権者をあなたの名前に変更した後で手続きすることが必要です。とはいえ実際にこのような事が出来るのは今お手持ちのキャッシュが沢山ある時という事に限定されます。であるならば、お金があまりない人はどんな方法を取るのがいいのでしょうか。

こうしたケースでは見積もり査定をしてくれたマイカー買取り業者に相談すると、くるまの売却額から残りの支払い分をキレイにし、所有権をご自分の氏名に変えてもらうことができるというワケです。手続きの方も全てにおいて買取ショップに任せることが可能なので大丈夫です。