話題の中古自動車査定制度のこと

愛車の下取や買取の時には、なにはともあれ査定をやります。この場合の査定とは、売り手側から下取りや買取する際にまともな評価をするための手続きであり、それを行うためにはさまざまな人たちから肯定され、さらに承諾された仕方をしないと良くありません。とはいえ、消費者側からすれば、査定がどんなふうに行われているのか完全には把握していなかったり、正当な手順で調査されているのかはどうにも分かっておくことができなかったりもするものです。そうだとしても値踏みというのはお車のバリューを決めてしまうめちゃくちゃ重大な工程なので、考え方やその方法に色々なものがあると世間のパニックの原因にもなってしまうわけです。

そのようなパニック状態を発生させない為にも日本自動車査定協会という機関があり、中古自動車査定制度を取り決めしているのです。

日本自動車査定協会呼ばれるものは、しっかりとした値踏みが拡大するように取り組んでいる協会であり、消費者が無事に見積に出せて、更に納得できる結果になるような制度作りの取り組みをしています。

実際の内容的には、例を出すと健全な査定士を育むための検定を行っており、査定協会が行っている学科さらには実技の研修を受けて頂き、そして「査定士技能検定試験」に受かることで一定の技能を持つ査定士としての資格がもらえます。更に査定士として勤務するためには協会への登録をしなければならなくなり、しっかりとした基礎的なものや規律をもって我々の愛車の評定をします。要は適正な査定のための資格を持つ人間が査定をしますので、我々も安堵して下取または買取に出すことが可能となるわけです。