話題の中古車査定と事故車だそうな

古いユースドカー引取りを依頼した場合には、初めに審査を受けることになります。その見積もりに関してはお店のの査定担当者がやり、中古車市場の価格などから計算されるものとなります。

普通は中古のクルマということで販売されている額の20~30%程度が査定額となっているようですが、評判のくるまだったり、希少価値のある車等の時には高値がでるなどの場合もあるようです。また、年式が新しければ新しいほど高く売れます。他方、これらの買取の値段はそのお車が万全な状態のときであって、パーフェクトじゃない時は低い鑑定となります。その中でも事故歴等は見積もりにかなり関係します。

事故の跡というのも定義が曖昧ですが、とりあえずお車の骨格であるフレームの方にまでダメになるようなアクシデントをしてしまったお車は事故車となってしまいます。そういった事故歴のあるくるまは将来的になにかしらの負の影響現れる危険が有るので、査定に於いてはマイナスとなるのです。他方、フレームの部分にまで影響しておらず、外側を修理したくらいだったら大丈夫なのですが、ですが修理歴は付いてしまいます。

もちろん修復歴が付くわけですからマイナスの被害はある訳ですが、事故車に比べて低い鑑定額となることはありません。あと、変速機やエンジンなどに面倒が出ているケースでもマイナスとして査定されますし、常日頃からの点検整備の良し悪しが査定額に関係してきます。

このあたりは我々にはわからないところですが、査定をおこなう買取専業店ではしっかりとその辺を確認してきます。

どっちにしても修理歴が無いことがクルマ買取金額が上げられるかどうかのポイントになります。