話題の日本自動車査定協会という機関だそうな

古くなった車の下取りや買取の際には、なにはともあれ査定をするものです。査定とは、お客さんから買い取り・下取時にきっちりした見立てをするための下調べであり、その為には多くの人から認識され、さらに受け入れられた手順じゃないといけません。とはいえ、ユーザー側からしたら、見積がどんなふうにされているのかちゃんとは存じてなかったり、適正な進め方で行われてるかどうかは案外確認することが出来ないものですよね。しかしながら見積の方は愛車の価格を確定させる大変重要な方法な訳なので、やり方や考えに様々なものがあると社会の混乱の理由にもなってしまうわけです。

そんな騒ぎを起こさないようにするため日本自動車査定協会と呼ばれる機関があり、「中古自動車査定制度」を打ち立てているのです。

日本自動車査定協会は、適正な見積が根を下ろすように機能している機関であり、我々が不安なく車を審査に提出でき、しかも喜べるような結果になるようなシステムを構築する務めをしています。

内容的には、例を挙げるとちゃんとした査定士を育てるためにテストをおこなっており、査定協会が実施する学科とスキル研修というものを受けて、そして査定士技能検定試験にクリアすることである一定の技能を持つ査定士としての資格が受け取れます。更に査定士として勤務するためには協会への登録をしなければならなくなり、健全な知識や義務でもってユーザーの所有車の評定を行います。つまり適正な見積のための資格を有している人間が鑑定をやりますので、我々も不安なく買い取りや下取りに持っていくことが出来るわけなのです。