話題沸騰!中古車査定と必要書類に関して

マイカーを手放す際におけるやり方には買取りや下取り等の種類が用意されています。下取に関しては、おニューの愛車を購入した時には、これ迄の中古車を引き受けてくれるものです。そのくるまが走行ができる車だったとしたら値段がつきますが、あまりにも古かった時には廃車にする費用を求められるケースもあり得ます。

下取ですと専門業者が引受けするという事ではないので、望むような値段での売却は期待できませんが、新しいお車と交換する形で乗り換えすることが可能な良い面があります。もう片方の買取はといえば、それ専門の中古自動車買い取りの専業店にお願いして引受けをしてもらうものです。時期がややこしいなどの良くない点もあるわけですが、買い取りをされた自家用車はユースドカーとなって出回るのがそもそも決定事項ですので、思っていたよりも高値売却が望めると思います。

買取、下取どちらも手続きの際には様々な書類を先に用意する必要があります。どんなものが必要かといえば、自動車検査証と車の納税証明、自賠責保険証およびリサイクル券というものです。そのほか印鑑証明書や実印、住民票といったものも必要となります。

手続きの時は委任状や譲渡証明書等も必要となりますが、これらは買い取り専門店にて用意してくれます。買取りを頼む方としては、自動車検査証、自動車税の納税証明、リサイクル券、自賠責保険証、住民票と実印および印鑑証明を用意しておきましょう。鑑定時もこれらについてはチェックされるので、紛失のときにはもう一度発行することとなります。

もしも失くしたケースでも見積もりだけをしていただくことはできますが、即買取りは行えないので見積もりの値段に良くない影響が出たりします。