買取りや下取りなどのやり方だとどっちの方がお薦めと思われます?それに関して解説します

自家用車を手放す時における手続きには買取りや下取りという手続きがあります。下取りというのは次のくるまをゲットした時には、前乗っていた自分のくるまについて引き取って頂けるものです。その中古車がドライブが差し障りない車であったら価格がつきますが、とてつもなく古い車であった際は逆に処分の為のお金を必要とされる時もあると思っておいた方がいいでしょう。

下取に関しては、専門ショップが買い取るとはならないので、希望するような値段での売却は出来ないでしょうけど、新しいくるまと取り替えるような形で乗り換えが可能だといういい点があります。他方買取の場合は、専業の中古車買取ショップに頼んで買い取りをして頂くものです。そのやり取りが分かりづらいといったデメリットが有りますが、買い取りをされた自分の車については使った自動車という事で市場で取引されることがそもそも決定されていますので、わりと希望金額での譲渡が期待できるでしょう。

下取にしても買取にしても売却の時はいろいろな書類を揃えておくことが必要となるでしょう。どういったものが必要なのかというと、自動車検査証と自動車税の納税証明書、自賠責保険証、リサイクル券といったものとなります。また印鑑証明と実印、住民票といったものも必要となります。

引取りの時には譲渡証明や委任状等も使用するかと思いますが、そのへんは買取専門ショップにて準備してくれるでしょう。引受けを望む方としては、車検証、自動車税の納税証明書、自賠責保険証とリサイクル券、住民票、実印あとは印鑑証明を準備しておきましょう。査定時にもこれらがチェックが入るので、失くした際は再度発行していただくことが必要となります。

万が一紛失のケースでも品評そのものは受けることは可能ですが、即日引取りは行えないため審査の金額に悪い影響が出ることになるでしょう。