歯科医師への近道

歯科医師国家試験の情報が満載!

歯科医師国家試験は難化している

歯科医師国家試験は難化している ここ数年の歯科医師国家試験は難化しており、合格率が60%台にとどまっています。
かつては確認のための試験とも言われており、合格率は90%前後でした。
しかし、今は歯科医師の数が多いことと、定員割れの歯学部が多くなってきて質が低下していることが言われていて、歯科医師国家試験を難化させて歯科医師の質を高めようとしています。
したがって、落ちる人は落ちる試験になってしまったので、合格するためには大変な努力をしなければなりません。
各大学の合格率は発表されますが、やはり大学間の格差も顕著になってきており、合格率のもっとも高いところは全体の合格率をはるかに上回る90パーセント以上となっています。
つまり、難しくなってきたことで質の維持を図った結果、そのまま大学のレベルが試験結果に反映される形となりました。
もちろん下位の大学でも合格することはできますが、生徒のレベル次第ということなので、現状のレベルが低い方は対策をしないと合格は難しいでしょう。

平成31年度の歯科医師国家試験の合格率とは

平成31年度の歯科医師国家試験の合格率とは 平成31年度に、行われた歯科医師国家試験の合格率は63.7%でした。
受験者数は、3232人でそのうち合格者は2059人となっています。
この中でも新卒者の受験者数は2000人で、こちらの合格率は79.4%と高くなっています。
この結果から見てもわかるように、歯科医師国家試験の場合には、浪人生や大学卒業後に受験する人々よりも、6年間もの間、大学の歯学部で学び、卒業と同時に歯科医師国家試験を受験したほうが合格する可能性が高いとみなされるでしょう。
また、学ぶ大学によっても合格率に違いが出ているのが現状です。
これには、在学している学生が学ぶ姿勢が高いことはもちろんですが、大学側も歯科医師国家試験を合格させるために、様々なカリキュラムを用意したり、合格に向けた勉強を取り入れていることも関連しているといえます。
確実に合格を手に入れたい人は、大学受験をするときに選択する大学を見極める必要もあるかもしれません。

新着情報

◎2019/8/27

試験の合格基準
の情報を更新しました。

◎2019/6/19

国家試験は既卒に厳しい?
の情報を更新しました。

◎2019/5/31

サイト公開しました

「歯医者 合格」
に関連するツイート
Twitter