歯科医師への近道

歯科医師国家試験の情報が満載!

歯科医師国家試験の難易度

歯科医師国家試験の難易度 歯科医師になるためには歯科医師国家試験に合格しなくてはなりません。この試験の難易度はというと、他の医療資格と比べても難関であり、医師についで難関の試験とも言われています。
歯科医師国家試験では歯学部の6年間の養成課程で習ったことからまんべんなく出てきますので、歯学に関することは精通していなければなりません。合格率は新卒の学生ならば8割程度、既卒の場合にはそれよりも落ち込み5割程度になってしまいます。こういった点からも新卒の段階で一発でパスすることが求められてきます。国家試験では歯科医学全般に関する問題が出てくることとなり、出題内容は広く深く覚えていなければなりません。このため歯科医師国家試験は日本国内にある国家資格の中でもトップクラスの難しさとなっています。歯学部で学んだ内容をきちんと覚えていれば、歯科医師国家試験は合格できる可能性も高くなるので、難易度は高いですが勉強をきちんとすれば取れる国家資格でもあります。

受けるために必要な受験資格とは

受けるために必要な受験資格とは 歯科医師国家試験の受験資格は、大きく分けて4つあります。
学校教育法に基づく大学で、歯学の課程を修めて卒業したこと、もしくは卒業見込みであることです。2つ目は、海外の大学で歯学の勉強をした人や、海外の歯科医師免許を所有している人が受験する歯科医師国家試験予備試験に合格した人で、合格後に1年以上の実地修練を終えた人、もしくは終える見込みの人となります。3つ目は、海外の歯科医学校を卒業した人、または以下医師免許を保有している人で、厚生労働大臣が前述2項と同等以上の学力・技能を有すると認定した人です。最後に沖縄の復帰に伴う厚生省関係法令の適用の特別措置等に関する政令により、歯科医師免許を受けたと厚生労働大臣が認定された人です。
現状では、ほとんどの人が1つめの歯科大学や大学の歯学部で6年間の教育を受けて卒業して受験資格を得ることになります。海外の医療水準は国により異なりますので、国内の歯科医師としての一定の知識と技術を持つ人のみが歯科医師国家試験を受験できるようになっています。

新着情報

◎2020/1/28

歯科医師国家試験の難易度
の情報を更新しました。

◎2019/11/29

歯科医師国家試験の合格率
の情報を更新しました。

◎2019/8/27

試験の合格基準
の情報を更新しました。

◎2019/6/19

国家試験は既卒に厳しい?
の情報を更新しました。

◎2019/5/31

サイト公開しました

「歯医者 難易度」
に関連するツイート
Twitter